お金借りるならどこがいい?おすすめキャッシングランキング

MENU

お金借りるならどこがいい?おすすめキャッシングランキング

お金かりる消費者金融

お金借りるなら、どこがよいのか悩みますよね!
お金を借りるところは大きく分けると、消費者金融キャッシング銀行カードローンの2種類があります。
しかし、キャッシングが初めての方はどこを選択したら良いのかわからないと思います。

 

お金借りる時は急いでいる時が多いので、急いで借りたいなら
即日サービスが充実している消費者金融が向いています。

MENU
  1. お金借りるならどこがいいのか迷った時の即日サービスランキング
  2. 急にお金が必要になったら、あなたらどうしますか?
  3. 消費者金融で即日お金借りる方法と特徴
  4. キャッシングの審査に通りやすい人って、どんな人
  5. キャッシングの審査条件は消費者金融ごとに異なるの?
  6. お金借りる前に総量規制の法律はは押さえておく
  7. お金借りるならおすすめ情報

お金借りるならどこがいいのか迷った時の即日サービスランキング

プロミスだったら土日でも平日夜でもお金を借りられる!

プロミスなら30日間無利息サービスで更にお得!
【プロミスだったら週末でも困った時に借りられる!】
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
[1]14時過ぎてもWEB申込して審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
[2]土日祝日でもWEB申込して審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!

プロミス申し込み

SMBCモビットには2つの【即日】【秘密】に特化した申込方法がある!

WEB完結申込なら誰にも知られずに内緒でキャッシングが可能!
【SMBCモビットの便利な申し込み方法は2種類】
[1]10秒結果表示(お試し診断では無い)の即日審査で即日融資も可能な申し込み
[2]WEB完結申込で職場電話連絡無し!自宅郵便無し!の秘密重視の申し込み
(WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の普通口座が必要です。)

アコム申し込み

アコムなら審査は最短30分!最短即日融資も可能!

アコムなら最短30分で審査回答がもらえる!
即日融振込も可能!
今なら30日間金利0円サービスも実施中で更にお得です!
※金利0円サービスはアコムの利用が初めての方に限ります。

アコム申し込み

急にお金が必要になったら、あなたらどうしますか?

急にお金が必要になることってあると思います。
そんな時はすぐにキャッシング出来ると助かるのに!と誰もが思いますよね。

 

最近では即日審査、即日融資のサービスを行っている金融業者も増えてきているので、
急いでお金が必要な方の強い味方になっています。

 

即日に借りることが出来るのはいいけれど、
一体どこに申し込めば良いのか分からない人も多いと思います。

 

近くの銀行に行けば即日審査、即日融資してもらえるのかと言えば、それはかなり難しい話です。
銀行でも融資は行っていますが、即日審査を行っている銀行は少ないです。

 

中には即日審査を行うとホームページでアピールしている銀行もありますが、
実際は審査の整合で時間がかかったりで、即日審査は厳しかったりしています。

お金借りるならどこがいいの?

金利の面から言えば、銀行カードローンに申し込んだ方が、金利は低くなる傾向にありお得です。
ただ銀行カードローンでは、審査を丁寧に行いますので時間がかかります。
それは金利を低く設定するので、その分しっかりと審査して必ず返済してくれる方を吟味するためです。

 

即日融資に向いているのは、大手消費者金融です。、
大手消費者金融では、インターネットによるWEB申し込みのシステムが充実していますので、WEB申し込みすれば早くて便利です。

消費者金融で即日お金借りる方法と特徴

お金借りるならどこがいい

消費者金融で即日お金借りるたい時は、即日融資を利用するといいでしょう。

 

この即日融資は、普通に窓口からでも申込ができますが、
それ以外にネットからでも申し込めるのが大きな特徴です。

 

申込方法は、窓口の場合は、申込用紙に所定の事項を記入して、
本人確認や収入証明の書類を添えて提出します。

 

ネットの場合は、金融機関のサイトにあるフォームに、やはり所定の事項を記入して送信します。
必要書類は、FAXまたはアプリを使って送付します。

 

申込から30分ほど経つと審査結果が出て通った場合は融資をしてもらえます。
ネットの場合はメールで通知が来ます。

 

この審査時間の短さもまた、即日融資の特徴の一つです。
そのため即日お金借りる場合には大きなメリットがあります。

 

このように何かと便利な即日融資ですが、一つ気を付けておきたいことがあります。

 

それは、消費者金融が中心であるため、総量規制が存在することです。
総量規制は、借入に当たって年収の3分の1を借入限度額としているため、

 

他にも消費者金融を利用している場合は借入ができないこともあります。

 

そのためWEBで申し込みをする前には、自分がどのくらい借入をしているのか?
その金額をチェックしてから申し込むことをお勧めします。

 

お金借りるならどこがいい?で迷ったら消費者金融ランキングが参考になります!


キャッシングの審査に通りやすい人って、どんな人

お金借りるならどこがいい

キャッシングを申し込んだ際に審査を通りやすいのはどんな人でしょうか?
・社会的地位の高い人?
・貯金などお金をたくさん持っている人?
・それとも真面目にコツコツ働いている人でしょうか?

 

答えは3つとも正解で、3つとも不正解と言えます。

 

審査で重要なのは?

例えば、今は社会的地位があっても数年前ブラックリストに掲載されていたら審査はおそらく通りません。

 

貯金がたくさんあるからと言っても、色んな所でお金を借りていて
総量規制をオーバーする場合にはキャッシングを借りることはできないでしょう。

 

真面目にコツコツ働いていても、多額のローンを抱えている場合には審査は厳しいと言えます。

 

要するに、負債を抱えていない、ローンなどが無い場合が最も審査を通りやすくなるわけです。

 

ですからキャッシングを申し込むのであれば、借り入れなどを減らして完済してから申し込みを行うと
審査もスムーズに通過することができて、キャッシングを行えるようになります。


キャッシングの審査条件は消費者金融ごとに異なるの?

お金借りるならどこがいい

キャッシングを申し込むにあたって、必ず審査条件と言うものがあります。

 

審査基準とも言いますが、これをクリア出来ないことには
お金を借りることはできません。

 

審査の基準はどの会社も似たような感じであり、
最も注視するのは過去の金融事故の情報が有るか無いかです。

 

俗に言うブラックリストに載っているとゆう状態ですが、

 

ブラックリストにのっている場合は、
基本的に融資は不可になる場合が多いです。

 

貸付会社が一番怖いのは、貸しても返済してくれないことです。

 

俗にいう貸し倒れ状態ですが、貸し倒れ件数が増えれば、
その金融業者は倒産してしまいます。

 

 

次に気を付けなければいけないのが、総量規制の法律です。

 

キャッシングを申し込もうとしている会社以外から、すでに融資を受けていた場合、
消費者金融会社での融資の場合は、総量規制の対象になりますので、
申し込んだ融資金額が、年収の三分の一を超える場合には融資を行ってもらえません。

 

ただし、銀行からの融資を受けていて、新たに消費者金融へ申し込んだ場合には融資OKになります。
これは銀行からの融資は総量規制対象外になるからです。

 

もちろん、現在受けている融資がある場合、返済の遅延があると新たな融資NGに
なることもありますから、返済の遅延にも注意しましょう。


お金借りる前に総量規制の法律はは押さえておきましょう!

お金借りるならどこがいい

借入の制限がかかる総量規制には除外や例外、対象外もある。

総量規制とは2010年の6月18日に施行されたばかりの比較的新しい決まり事で、
原則として「除外」や「対象外」を除き、年収の3/1までの額までしか借り入れすることができなくなります。

 

まずお金の融資には個人向け貸付や保証以外に法人向けのものも数多く存在しますが、

 

総量規制の対象となるのは個人向けの貸付のみです。
また、個人向けの貸付であっても事業用資金としての融資であれば対象外となります。

 

総量規制には「除外」や「例外」と呼ばれるものが数多く設定されています。

 

総量規制の除外とは

除外とはその名の通り総量規制の対象となりません。
よくある不動産の購入や自動車の購入等の貸付では除外となります。

 

他にも高額療養費や有価証券担保など、比較的高額な用途では除外が相当します。

 

総量規制の例外とは

例外の場合も同じようなニュアンスですが、具体的には年収の3/1を超えた貸付の場合、
返済能力があるかどうか判断し、あると判断した場合のみ貸付ができます。

 

例外には例えば緊急に医療費が発生した場合などやむを得ない状況が当てはまります。

 

総量規制とは比較的に設定されている項目が多く、除外や例外も数多く存在しますので
不明点がある場合は自分で判断するのでは無く、一度、利用したい消費者金融の窓口に相談した方が良いです。

 

基本的には総量規制は、消費者金融から個人が借り入れする際に発生するものと覚えておければ大丈夫です。
注意したいのは銀行は銀行法が適用されていますので、総量規制は適用されないです。

 

※総量規制の詳細は「日本賃金協会」のHPも参考になりますので、お金を借りる前に一度確認願います。

総量規制とは


【お金借りるならどこがいい】関連情報